Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年度の国内SIEM市場は33.5億円 - AIや機械学習の次世代型で高成長を維持

ITRは、国内のSIEM市場の動向について取りまとめた。大企業による導入によって堅調に推移しており、2015年度は前年度比16.7%増となった。

各種機器から収集したログを相関分析する「SIEM(Security Information and Event Management)」の市場動向を取りまとめたもの。

従来のコンプライアンス対策に加え、最近ではサイバー攻撃対策としての需要が拡大。2015年度の国内市場は33億5000万円で、前年度比16.7%増となった。大企業の導入が進んでいるという。

同社は、2016年度以降は、機械学習やAI技術を活用した次世代SIEMの登場により成長を維持すると分析。2016年度は前年度比14.6%増の38億円と見込んでいる。2020年度までの年平均成長率は13%で、2020年度の市場規模予測は62億円。

(Security NEXT - 2016/07/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東芝とインテル、IoTのセキュリティソリューションで協業
IoT向け無線規格の普及目指す「IP500 Alliance Japan」が発足
セキュリティ対策の投資対効果、4社に3社は把握せず - 予算獲得できない一因か
F-Secureの新社長にChristian Fredrikson氏
McAfeeとSiemens、制御システムのセキュリティ対策で提携
富士通と独Siemens、手のひら静脈認証分野で協業 - 新ソリューションを提供