Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4年前の個人情報入りUSBメモリ紛失、匿名で届き発覚 - 大阪市

大阪市は、旧思斉特別支援学校において4年前に個人情報の紛失が発生したことを公表した。匿名でUSBメモリが届き、発覚したという。

同市によれば、当時同市の管轄だった思斉特別支援学校において2012年に児童や生徒の個人情報を含むUSBメモリを紛失していたもの。

問題のUSBメモリは教諭の私物で、授業など利用する資料などを保存していたが、2012年4月16日に校内で紛失。2016年4月19日に阿波座付近で拾得したとして大阪府教育庁に届いたという。

2006年度から2012年4月までに作成された同校の児童や生徒に関する355人分の資料が保存されていた。指導計画をはじめ、通知票や指導要録への記載情報、学級委員等認証状、名簿などが含まれる。

当時、専用のUSBメモリを利用するよう定められていたが、守られていなかった。教諭は教頭へ報告していたが、同教頭を通じて別の教頭や校長などへ報告が行われていなかったという。

同市教委では、関係者に対して保護者説明会を実施し、経過の説明や謝罪を行う予定。また市内全校において、USBメモリの取り扱いについて再点検を行うとしている。

(Security NEXT - 2016/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
高校で個人情報含むUSBメモリが所在不明、相談スペース利用状況なども - 大阪府
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル