Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Symantec Endpoint Protection」の管理コンソールに複数の脆弱性

「Symantec Endpoint Protection(SEP)」の管理コンソールに複数の脆弱性が含まれていることがわかった。アップデートが提供されている。

「Symantec Endpoint Protection(SEP) Manager」において、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2016-3653」や、認証ロックの回数をバイパスされる脆弱性「CVE-2016-3648」など、あわせて12件の脆弱性が含まれていることが判明したもの。脆弱性を悪用された場合、特権の昇格や認証の回避などが行われるおそれがある。

同社では、脆弱性を解消した「同12.1 RU6 MP5」の提供を開始。同アップデートでは、管理コンソールの脆弱性のほか、マルウェア対策製品のファイル解凍エンジンに見つかった複数の脆弱性に関する修正も実施されている。

今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2016-3647
CVE-2016-3648
CVE-2016-3649
CVE-2016-3650
CVE-2016-3651
CVE-2016-3652
CVE-2016-3653
CVE-2016-5304
CVE-2016-5305
CVE-2016-5306
CVE-2016-5307
CVE-2015-8801

(Security NEXT - 2016/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正