Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Commons FileUpload」に脆弱性 - 「Tomcat」「Struts 2」など広く影響

Apache Software Foundationが開発するソフトウェア「Apache Commons FileUpload」にサービス拒否の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同ソフトウェアのマルチパートリクエスト処理に脆弱性「CVE-2016-3092」が存在。サービス拒否を引き起こすおそれがあるという。

同ソフトは、「Apache Tomcat」「Apache Struts 2」なども使用しており、これらソフトウェアも影響を受ける。またこれら以外にも、「Jenkins」「JXP」「Struts 1」などの製品が影響を受ける可能性があるとしており、注意が必要。

Apache Software Foundationでは、「Apache Commons Fileupload 1.3.2」にくわえ、「Apache Tomcat 9.0.0M8」「同8.5.3」「同8.0.36」「同7.0.70」をリリース。「Apache Struts 2」に関しては、「Apache Commons Fileupload」を最新版へ置き換える必要がある。また「HTTPリクエストヘッダ」の大きさを制限することが回避策として紹介されている。

今回の脆弱性は、NTTデータが情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。「Apache Tomcat」「Apache Struts 2」以外で、今回の脆弱性の影響を受ける可能性があるソフトウェアは、以下のとおり。

Jenkins
JSPWiki
JXP
Lucene-Solr
onemind-commons
Spring
Stapler
Struts 1
WSDL2c

(Security NEXT - 2016/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
7月のパッチ未適用「Oracle Database」利用者に注意喚起 - Oracle
「Adobe Flash Player」のアップデートがリリース - 脆弱性5件を解消