Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで不正コード埋め込まれる - 保険代理店

保険代理店などを展開するニュートン・フィナンシャル・コンサルティングは、同社やグループ会社のウェブサイトが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

6月21日に同社の企業サイトが不正アクセスを受け、不正なコードを埋め込まれるなど改ざん被害が発生したもの。グループ会社である未来貯金のウェブサイトも同様の被害に遭ったとしている。

同社では、サイトに埋め込まれた不正なコードを削除。ウェブアプリケーションの脆弱性を解消したという。閲覧者への影響などは特に言及していない。また被害に遭った両サイトに個人情報は保存されておらず、情報流出の可能性について否定している。

(Security NEXT - 2016/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東商マート、顧客情報流出の調査結果を報告 - 当初可能性を大幅に下回る規模
「東京ズーネット」に不正アクセス - 個人情報が流出
eコマースのプラットフォームに不正アクセス、個人情報などが漏洩 - バックドアのUIは中国語
Amebaの約5万アカウントで不正ログイン - 8日間で試行回数は223万回超
自転車のネット通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
PWリスト攻撃による不正注文被害 - トイザらス
改ざんサイト経由でマルウェア感染、個人情報流出か - 科学技術振興機構
宿泊予約サイト「MAPPLEトラベル」に不正アクセス - メルアドやPWが流出か
通販サイト「セシール」で不正ログイン - 不正受注や個人情報改ざん
学研グループの複数サイトに不正アクセス - 一部で情報漏洩が発生