Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省の研究データ、委託先で所在不明に - 機微情報の有無を調査

20160629_so_001.jpg

総務省は、過去に実施された委託研究開発に関するデータが所在不明となっていることを明らかにした。

同省では、2012年度から2014年度にかけて委託研究開発を実施したが、委託先であるNTTアドバンステクノロジにおいて同事業のデータを保存していた外付けハードディスクが所在不明となっているもの。

NTTアドバンステクノロジにおいて、5月27日に保存していたサーバルームからハードディスクがなくなっていることが判明。情報通信研究機構のデータを保存していたとして、同社より同機構へ6月24日に報告が行われたが、その後の調査で、同省のデータが含まれていることも判明したという。

同省では、紛失の報告を受けて対応を開始。機微情報が含まれていなかったか調査を進めている。NTTアドバンステクノロジでは、今回紛失が判明したハードディスクにおいて、90社より委託していた情報が含まれていることを公表しており、保存されていた情報の特定を急いでいる。

(Security NEXT - 2016/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
高技専2校で生徒指導要録の紛失が判明 - 大阪府
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
顧客情報含むリストが所在不明、巡回時に紛失か - 東京ガス
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大
顧客情報記載の資料を委託先が紛失 - 中部電力