Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

関係者の個人情報をウェブサイトに誤記載 - 情報・システム研究機構

情報・システム研究機構は、国立極地研究所のウェブサイトにおいて、関係者の個人情報を誤って掲載していたことを公表した。サイトはすでに閉鎖したという。

同研究所のウェブサイトにおいて、誤って研究所の事業に関係する60人の氏名や電話番号などを掲載していたもの。被害の報告などは受けていないという。

事故判明後、同機構ではサイトを閉鎖するとともに、対象となる関係者に説明を行い、謝罪。同機構が運営するほかのウェブサイトについて、同様の問題が発生していないことを確認した。

(Security NEXT - 2016/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

企業採用担当者や学生の個人情報を誤って公開 - 奈良先端大
ふるさと納税者の個人情報を同意なしで公開 - 大空町
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
防災計画関連資料に個人情報、3年以上にわたり誤掲載 - 大阪府
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市