Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県

そのうち1574ファイルには、教職員、生徒、保護者の氏名、住所、電話番号のほか、成績関連書類、生徒指導関連書類、サーバのIDとパスワードなどをはじめ、9589人分の個人情報が保存されていたことがわかっている。

さらに6校の学習用サーバより、約14万6000ファイルが不正に取得されていた。おもに教材関係のデータが保存されており、生徒の氏名などの個人情報も含まれている。

また7校では、学習管理や教材管理、校務管理の機能をクラウドで提供する教育情報システム「SEI-Net」が被害を受け、教職員の氏名やメールアドレス、ID、生徒の氏名とIDが被害に遭っていた。

同県では、影響を受ける個人情報などについて、引き続き調査を行う。また対象となる関係者に報告と謝罪の書面を発送するほか、各校および教育委員会に相談窓口を設置するなど、対応を進めている。

(Security NEXT - 2016/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員や学生の「Office 365」アカウントが乗っ取り被害 - 東京理科大
小学校の代表メールが乗っ取り、スパムの踏み台に - 取手市
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
県教育情報システムのウェブサイトが改ざん - 宮城県
佐賀県教育システムへの不正アクセス、人間の心理的弱さなどが要因 - 第三者委提言
佐賀県教育システムへの不正アクセス、調査結果が判明