Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ひかり電話向けゲートウェイに複数の脆弱性 - アップデートがリリース

NTT東西が提供するひかり電話利用者向けの一部ネットワーク機器に、複数の脆弱性が含まれていることがわかった。

今回脆弱性があきらかとなったのは、両社が提供する「PR-400MI」「RV-440MI」「RT-400MI」。これら機器へログインした状態で、外部の細工されたサイトを閲覧すると、意図しない操作が行われるおそれがある「クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)」の脆弱性「CVE-2016-1228」が含まれる。

またこれら機器には、ログイン可能なユーザーにより任意のコマンドが実行される「OSコマンドインジェクション」の脆弱性「CVE-2016-1227」が存在。NTT東西では、これら脆弱性を修正したファームウェアを用意しており、アップデートするよう呼びかけている。

脆弱性は、浦和商業高校の塚崎椋也氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Adobe Experience Manager」に脆弱性 - アップデートをリリース
「VMware Workstation」などに深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
LinuxカーネルのIPフラグメント処理に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
Intelチップに脆弱性「Foreshadow」 - クラウドVM間で情報漏洩のおそれも
VMware、脆弱性「Foreshadow」向けにパッチを用意 - 緩和策も
セキュリティアップデート「OpenSSL 1.1.0i」「同1.0.2p」がリリース