Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 10」への自動アップグレード、消費者庁がキャンセル法を紹介

マイクロソフトでは、最新OS「Windows 10」へのアップグレードを促しているが、対応方法がわかりにくく、利用者の意図に反してアップデートしてしまうケースなどが報告されているため、消費者庁は、注意事項やキャンセル方法をアナウンスした。

マイクロソフトでは、「Windows 7」または「Windows 8.1」を利用している個人ユーザーを対象に、7月29日まで「Windows 10」への無償アップグレードを展開している。

一方で、利用ソフトが「Windows 10」に対応していないなど、アップデートを望まないユーザーにおいても、実施予定日時を通知したうえで自動的にアップグレードを行う仕様のため、混乱が生じている。

同庁ではまず、現在利用中のソフトウェアや周辺機器が「Windows 10」に対応しているか確認した上で、アップグレードを実行するか決定し、実行する場合はその手順を確認するよう推奨。

20160623_ca_001.jpg
消費者庁による説明

キャンセルする場合は手続きが必要であるとして、その手順を解説している。アップグレードの予約日時を通知するポップアップが表示された際、通知を閉じるだけでは予約がキャンセルされない点に注意を促している。

ポップアップには、アップグレードスケジュールの変更やキャンセルを行うための項目が表示され、その部分をクリックして設定する必要がある。

またアップグレードを実行する場合も、実行中にはパソコンが利用できなくなるため、適切な日時を設定する必要があるとし、途中で無理に中断するとパソコンが起動しなくなるなどの不具合が生じる可能性もあるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

造幣局の通販サイト、別の顧客情報を誤表示 - 保守時の作業ミスで
会員登録時に他顧客情報を表示 - ウェブマガ「KODE」
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
通販サイトで個人情報を誤表示、プログラム不具合で - ポニーキャニオン
メール誤送信で顧客のメアド流出 - マイカースポンサー
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
Apple、「iOS 12.1.2」をリリース - CVE番号付与された脆弱性の修正は含まず
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
メルマガ本文に送信先メアドを誤記載 - 福岡県中小企業振興センター
ソフトバンク携帯電話、4時間半にわたり障害 - 原因は証明書の期限切れ