Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

静岡市の端末から不正通信 - 端末はすでに初期化

静岡市において、市役所の端末からマルウェアが原因と見られる不正な外部通信が行われていたことがわかった。通信記録から判明したもので、端末はすでに初期化済みだという。

同市によれば、同市広報課の端末より、不正な通信を行っていたもの。6月1日に届いたメールを開封したことによりマルウェアへ感染したと見られる。問題の端末は、メール開封後に動作が不安定となり、6月2日にクリーンインストールを行ったという。

6月21日18時ごろに静岡県警より指摘があり、翌22日にインターネットへの通信記録を調べたところ、マルウェアによると見られる不正な通信が2回行われていたことが判明した。

マルウェアに感染したと見られる端末は、マイナンバーや戸籍、福祉など、住民向けサービスが利用するネットワークには接続していないとしている。

(Security NEXT - 2016/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
安川情報システム、工場向けに特化したセキュリティソリューション
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス
ソフトバンクC&S、機械学習でIoT機器の異常を検知「ZingBox」
経団連のパソコンが外部と不正通信 - 詳細を調査中
日本プルーフポイント、インシデント対応の支援ソリューション