Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員向けメールを2度にわたり誤送信 - 琵琶湖博物館

滋賀県立琵琶湖博物館において、会員向けに送信したメールで誤送信が2回発生し、メールアドレス214件が流出したことがわかった。

6月3日10時ごろ、利用登録を行っている会員のうち、メールによる情報提供を希望した214人に対し、3回にわけてメールを送信。その際、職員が送信先アドレスを誤って「CC」に設定して送ったため、同じ送信グループ内にメールアドレスが流出した。

また10日にも同様の形式で追加情報をメール送信したが、その際にも「CC」で送ってしまったという。11日に別の職員が誤送信に気付き、対象となる会員にメールで説明と謝罪を行い、誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2016/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
職員採用説明会の案内メールを編集中に誤送信 - 北陸先端大
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 姫路商工会議所
市運営施設の指定管理者がメール誤送信 - 大阪市
イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
コミュニティサイト「ふどうさん女子」でメール誤送信、会員のメアド流出
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
メール誤送信で歯科医師などのメアド2066件が流出 - 科研製薬
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専