Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロの「DDI」に脆弱性 - 修正パッチがを提供

トレンドマイクロの「Deep Discovery Inspector(DDI)」に任意のコードが実行可能となる脆弱性が含まれていることがわかった。修正パッチが提供されている。

国内向けに提供している「同3.8 SP1(3.81)」および「同3.7」に、任意のコードが実行可能となる脆弱性が明らかとなったもの。ただし、脆弱性を悪用するには、「admin権限」でログインする必要があるという。

同脆弱性は、周知を目的にトレンドマイクロがJPCERTコーディネーションセンターへ報告。修正パッチが提供されている。

(Security NEXT - 2016/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - パッチ公開は8月14日を予定
「FreeBSD」にもTCP実装に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ