Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JTBグループのマルウェア感染、DeNAトラベルに影響

JTBグループ会社から顧客情報が流出した可能性がある問題で、提携先であるDeNAトラベルは、「DeNAトラベル」の利用者6562人の情報が含まれていたことを明らかにした。

DeNAトラベルによると、同サイトが提供する国内宿とホテルの予約サービスにおいて、施設手配の一部をJTBおよびi.JTBに委託。今回判明したi.JTBのマルウェア感染により、同サービス利用者の一部情報が流出した可能性がある。

対象となるのは、同サービスをPCサイトとスマートフォンサイトのいずれかで利用したことのある顧客6562人分の情報。氏名や住所、電話番号、生年月日、性別、メールアドレスなどが含まれる。JTBの公表内容にあったパスポート番号やパスポート取得日は含まれないとしている。

同社では、対象となる顧客に順次メールで連絡を取るとともに、便乗して個人情報を聞き出そうとする電話やメールに注意するよう呼びかけた。

(Security NEXT - 2016/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
不正アクセスで問合顧客の個人情報が流出か - 日産化学工業
政府統計システムから個人情報2.3万件が流出か - 原因はStruts2脆弱性
沖縄電力でサイト改ざん、原因は「Apache Struts 2」の脆弱性 - 情報流出の可能性も
日本郵便に不正アクセス、送り状やメアドが流出 - 「Apache Struts 2」の脆弱性が原因
問合窓口への見積依頼メールにマルウェア、顧客情報が流出 - ゲオ
マルウェア感染で債務者情報が流出か - 新生銀行関連会社
メール経由でマルウェア感染、外部と通信 - 富山大
メール開きマルウェア感染、個人情報流出の可能性 - 中電工
道総研のPCがマルウェア感染 - 外部と不正通信