Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旅行代理店、クレカ含む個人情報の流出を公表 - 3月に可能性指摘

札幌通運が運営する旅行代理店「クラブゲッツ」のサーバが不正アクセスを受け、クレジットカード情報を含む一部顧客の個人情報が、外部に流出していたことがわかった。

流出した可能性があるのは、2015年10月1日から2016年3月4日にかけて、「クラブゲッツ」でクレジットカード決済を利用した顧客情報2519件のほか、2004年4月から6月、および2006年6月に同社へ問い合わせを行い、カード決済を利用した顧客情報203件。いずれも氏名や住所、電話番号、メールアドレスのほか、クレジットカード番号や有効期限が含まれる。

同社親会社であるロジネットジャパンによれば、3月4日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり、内部調査を実施。外部調査を4月22日より行い、5月30日の最終報告書をもって公表したという。

同社ではカード決済を一時的に停止しており、情報管理やセキュリティを強化し、システムの安全性を確認したうえで再開するとしている。

(Security NEXT - 2016/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
アサヒ軽金属のネットショップに不正アクセス - 最大7.7万件のクレカ情報が流出か
不正プログラムが設置、カード情報が外部流出 - 衣料品通販サイト
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で