Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

観光庁、個人情報問題でJTBに報告指示 - 「対策不備や行政、顧客へ連絡遅く遺憾」

20160616_ka_001.jpg

JTBグループ会社において、個人情報流出の可能性が判明した問題で、所管する観光庁はJTBに対し、6月24日までに事実関係や安全管理措置の状況など詳細について報告するよう指示した。

今回の事件は、同社グループ会社のi.JTBのネットワーク内にマルウェアが侵入。約793万人分の顧客情報が外部へ流出した可能性があることが判明したもので、同庁では個人情報保護法に基づき、同社に報告を要請した。

同庁は、今回の問題について、個人情報の安全管理対策に不備があったことにくわえ、行政機関への報告や顧客への連絡の遅れなど問題があり、遺憾であるとし、不正アクセスに関する詳細な事実関係のほか、発覚前に講じてきた安全管理措置、発覚後以降の対応、現在の安全管理状況、今後の再発防止策など、書面で報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2016/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント出展団体へのメールで誤送信、謝罪で再度ミス - 東京都
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
中学生自殺問題の報告資料で墨塗り処理にミス - 神戸市
市営住宅入居者情報、断り切れずコピー許す - 伊賀市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
再委託先がアンケート調査票を誤送付 - 経産省
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院