Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年の国内セキュリティ市場、前年比5.5%増 - 2020年まで堅調に推移

2015年は、「セキュリティ製品市場」「セキュリティサービス市場」いずれも前年比5.5%増と堅調に推移したことが、IDC Japanのまとめによりわかった。2020年までの平均成長率も5%前後と予想されている。

同社が、2015年における国内セキュリティ市場の実績と2020年までの成長予測をまとめたもの。同社では、「セキュリティソフトウェア市場」と「セキュリティアプライアンス市場」をあわせた「セキュリティ製品市場」と、「セキュリティサービス市場」で分類、調査を行っている。

「セキュリティソフトウェア市場」における2015年の実績は2246億円。2016年は4.3%の成長を見込んでいる。同社では、ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピック、関連法改正などにより需要が拡大するとし、2015年から2020年にかけての年間平均成長率を4.8%、2020年の市場規模予想を2838億円とした。

一方の「セキュリティアプライアンス市場」を見ると、2015年実績は454億円。UTMの需要拡大は見込めるものの、ファイアウォールやVPNが伸び悩み、2016年は2.4%増と成長率が下がる見込み。2017年以降は、ソフトウェア市場同様に需要が伸びると見ており、2020年までの年間平均成長率を4.5%、2020年には566億円へ達すると予想している。

コンサルティングやシステム構築、運用管理、教育、トレーニングサービスなどで構成される「セキュリティサービス市場」の2015年実績は、前年比5.5%増となる6811億円となった。2016年の成長率を4.3%と予測する。

クラウド型セキュリティゲートウェイの需要増加を受けて、導入、構築、運用といったサービスへの需要もあわせて拡大すると分析。2020年までの年間平均成長率を5.2%とし、市場規模は2020年に8757億円へと成長する見込みだという。

(Security NEXT - 2016/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算