Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東大、ビッグデータ活用する「ライフスタイル認証」で実証実験

東京大学は、個人のあらたな認証技術として「ライフスタイル認証」の実用化を目指し、実証実験を2017年1月に実施する。

同認証は、スマートフォンやウェアラブル端末など各ユーザーが携帯している端末や、防犯カメラやIoTデバイスなどのセンサーが収集した情報を活用した認証技術。ユーザーが意識的に操作を行うことなく認証を行い、手間の軽減と同時に、堅固な認証基盤を実現するとしている。

同大学大学院情報理工学系研究科ソーシャルICT研究センターでは、同認証技術の研究へ取り組んでおり、実用化を目指して5万人規模の実証実験を展開する。

実証実験には、小学館とLink-Uが提供する「マンガワン」や凸版印刷が提供する「Shufoo!」などのサービスが協力することや、オムロンヘルスの活動量計を利用することなどが決定しているという。

(Security NEXT - 2016/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「なりすまし」生じる「Exchange Server」の脆弱性へ対処 - MS
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中
「MS Exchange 2013」以降に脆弱性「PrivExchange」 - ドメイン管理者権限奪われるおそれも
Marvell製チップに脆弱性 - Wi-Fi経由でコード実行や盗聴のおそれ
オープンソース版「OpenAM」にオープンリダイレクトの脆弱性
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
「Cisco SD-WANソリューション」に深刻な脆弱性
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合