Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東大、ビッグデータ活用する「ライフスタイル認証」で実証実験

東京大学は、個人のあらたな認証技術として「ライフスタイル認証」の実用化を目指し、実証実験を2017年1月に実施する。

同認証は、スマートフォンやウェアラブル端末など各ユーザーが携帯している端末や、防犯カメラやIoTデバイスなどのセンサーが収集した情報を活用した認証技術。ユーザーが意識的に操作を行うことなく認証を行い、手間の軽減と同時に、堅固な認証基盤を実現するとしている。

同大学大学院情報理工学系研究科ソーシャルICT研究センターでは、同認証技術の研究へ取り組んでおり、実用化を目指して5万人規模の実証実験を展開する。

実証実験には、小学館とLink-Uが提供する「マンガワン」や凸版印刷が提供する「Shufoo!」などのサービスが協力することや、オムロンヘルスの活動量計を利用することなどが決定しているという。

(Security NEXT - 2016/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【訂正あり】「Oracle Database」にあらたな脆弱性、一部バージョンは7月のパッチで修正済み
「Samba」に5件の脆弱性 - 制御奪取や情報漏洩のおそれ
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
「STOP!パスワード使い回し!キャンペーン」がスタート - 賛同企業も募集中
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開