Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消防署で被災証明願など一部書類が所在不明に - 福岡

福岡県の飯塚地区消防本部は、被災証明願や災害情報請求書など一部書類が所在不明となっていることを公表した。

5月30日に、山田消防署において廃棄予定の書類を整理していた際、紛失が発覚したもの。紛失したのは同署が保管していた被災証明願6件と災害情報請求書13件で、個人情報が記載されていた。

同署では、紛失した書類に記載のある関係者に対し、個別に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

埼玉で廃棄したはずの個人情報、群馬で発見 - 大東建託
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
福島原発事故の損害賠償請求者に関する個人情報を紛失 - 東電
交付前のマイナンバーカードが所在不明、保管中に紛失 - 横浜市
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
統計調査員証を紛失、偽調査に注意呼びかけ - 市原市