Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワーム型ランサムウェア「ZCryptor」、Windows 7以降のみ影響

ワーム機能を備えた新種のランサムウェア「ZCryptor」が確認されたが、Windows 7以降しか動作しないことがわかった。

同マルウェアを解析した米Trend Microによれば、同マルウェアは、Windows 7以降のOSしか動作しない特徴を持っているという。それ以前のOSでは、暗号化や脅迫文の表示など試みるものの、OSに存在しない機能を呼び出すため、操作に失敗していた。

また同マルウェアは、自身をリムーバブルドライブへコピーし、感染を拡大するなどワームのような振る舞いを持つが、同様の感染機能を持つランサムウェアは今回がはじめてではないと指摘。同社が2013年12月に確認した「CryptoLocker」の亜種が同様の機能を備えていたという。

(Security NEXT - 2016/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
新種ランサム「Bad Rabbit」は「EternalRomance」を悪用
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も