Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワーム型ランサムウェア「ZCryptor」、Windows 7以降のみ影響

ワーム機能を備えた新種のランサムウェア「ZCryptor」が確認されたが、Windows 7以降しか動作しないことがわかった。

同マルウェアを解析した米Trend Microによれば、同マルウェアは、Windows 7以降のOSしか動作しない特徴を持っているという。それ以前のOSでは、暗号化や脅迫文の表示など試みるものの、OSに存在しない機能を呼び出すため、操作に失敗していた。

また同マルウェアは、自身をリムーバブルドライブへコピーし、感染を拡大するなどワームのような振る舞いを持つが、同様の感染機能を持つランサムウェアは今回がはじめてではないと指摘。同社が2013年12月に確認した「CryptoLocker」の亜種が同様の機能を備えていたという。

(Security NEXT - 2016/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

15.3%の企業で被害、ランサムで泣き寝入りも
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
ソフォス、サーバセキュリティ製品にランサムウェア対策機能
GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
ESETによる3月のマルウェア検出、JavaScript型が20ポイント以上減
「No More Ransom」へJPCERT/CCなど30組織があらたに参加 - 76組織へ拡大
2016年下半期はメール経由の攻撃が2.5倍 - 9割超が「Locky」感染目的
ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し
2月のESETによるマルウェア検出、6割以上がJavaScript型
2016年は15万台以上でモバイルランサム検知 - 前年の1.6倍