Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワーム型ランサムウェア「ZCryptor」、Windows 7以降のみ影響

ワーム機能を備えた新種のランサムウェア「ZCryptor」が確認されたが、Windows 7以降しか動作しないことがわかった。

同マルウェアを解析した米Trend Microによれば、同マルウェアは、Windows 7以降のOSしか動作しない特徴を持っているという。それ以前のOSでは、暗号化や脅迫文の表示など試みるものの、OSに存在しない機能を呼び出すため、操作に失敗していた。

また同マルウェアは、自身をリムーバブルドライブへコピーし、感染を拡大するなどワームのような振る舞いを持つが、同様の感染機能を持つランサムウェアは今回がはじめてではないと指摘。同社が2013年12月に確認した「CryptoLocker」の亜種が同様の機能を備えていたという。

(Security NEXT - 2016/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
恥ずかし画像で不安煽る詐欺メール、送信元を情セ大に偽装
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
ランサムウェア「GandCrab」に無料の復号ツール - 被害者は推計50万人
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院