Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワーム型ランサムウェア「ZCryptor」、Windows 7以降のみ影響

ワーム機能を備えた新種のランサムウェア「ZCryptor」が確認されたが、Windows 7以降しか動作しないことがわかった。

同マルウェアを解析した米Trend Microによれば、同マルウェアは、Windows 7以降のOSしか動作しない特徴を持っているという。それ以前のOSでは、暗号化や脅迫文の表示など試みるものの、OSに存在しない機能を呼び出すため、操作に失敗していた。

また同マルウェアは、自身をリムーバブルドライブへコピーし、感染を拡大するなどワームのような振る舞いを持つが、同様の感染機能を持つランサムウェアは今回がはじめてではないと指摘。同社が2013年12月に確認した「CryptoLocker」の亜種が同様の機能を備えていたという。

(Security NEXT - 2016/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
国内で検知急増のランサム「Jaff」に復号化ツール
ランサムウェア「Jaff」が拡散、国内で多数検知
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
ランサムウェア「EncrypTile」の復号化ツールが公開
ネット経由で脆弱性攻撃受けるか診断できる無料サービス - 「WanaCrypt」に対応
セキュリティ市場、2020年までは堅調 - 反動から2021年に軟化
中学生作成のランサムウェア、暗号鍵がハードコード - サンプルコード利用の形跡も
Jiransoft製ランサムウェア対策ソフトのインストーラに脆弱性 - 修正を実施
カスペと静岡大、「ジュニアスマホ検定」の2017年度版を公開