Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5月実施の「Flash Player」更新 - 実際は31件を解消

5月12日に公開された「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートにおいて、これまでの発表より4件多い31件の脆弱性が修正されていたことがわかった。

31件の脆弱性に対処したAdobe Systems
31件の脆弱性に対処したAdobe Systems

Adobe Systemsでは、公開当初25件の脆弱性を修正したことを明らかにしたが、5月19日にメモリ破壊の脆弱性「CVE-2016-4120」と、解放したメモリへアクセスする「CVE-2016-4121」についても、修正を行っていたことを公表。

さらに6月に入り、メモリ破壊の脆弱性「CVE-2016-4160」「CVE-2016-4161」「CVE-2016-4162」「CVE-2016-4163」についても対応済みであることを明らかにした。修正対象となった脆弱性31件は以下のとおり。

CVE-2016-1096
CVE-2016-1097
CVE-2016-1098
CVE-2016-1099
CVE-2016-1100
CVE-2016-1101
CVE-2016-1102
CVE-2016-1103
CVE-2016-1104
CVE-2016-1105
CVE-2016-1106
CVE-2016-1107
CVE-2016-1108
CVE-2016-1109
CVE-2016-1110
CVE-2016-4108
CVE-2016-4109
CVE-2016-4110
CVE-2016-4111
CVE-2016-4112
CVE-2016-4113
CVE-2016-4114
CVE-2016-4115
CVE-2016-4116
CVE-2016-4117
CVE-2016-4120
CVE-2016-4121
CVE-2016-4160
CVE-2016-4161
CVE-2016-4162
CVE-2016-4163

(Security NEXT - 2016/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS月例パッチ 、脆弱性74件を修正- 悪用確認済みのゼロデイ脆弱性にも対応
「Adobe Flash Player」にアップデート - 情報漏洩の脆弱性を解消
2019年最初のMS月例パッチ - 脆弱性49件を解消
「Flash Player」がアップデート - セキュリティ修正含まず
画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
「Flash Player」脆弱性、パッチ提供1週間前に研究者が詳細公表済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処