Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報を記録したSDカードを紛失 - 名大病院

名古屋大学医学部付属病院は、患者12人の個人情報が記録されたSDカードを紛失したことを明らかにした。

紛失したのは診療科医局内で管理していたデジタルカメラ内のSDカード。手術室や外来で患者の患部の画像を撮影し、治療経過を記録していたという。患者12人の氏名と患部の画像が含まれる。

5月1日に医師がデジタルカメラを使用しようとしたところ、SDカードの紛失に気付いた。最後に所在を確認した4月28日以降の行方がわからない状態だという。同日以降に、SDカードを利用していたデジタルカメラが、医局外部へ持ち出された形跡はなかった。

同院では対象となる患者に対し、電話と書面により事情を説明。謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
高技専2校で生徒指導要録の紛失が判明 - 大阪府
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
顧客情報含むリストが所在不明、巡回時に紛失か - 東京ガス
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
症例要約含むUSBメモリを医学部で紛失 - 群馬大