Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2支店で顧客情報記載の伝票紛失が判明 - 東京東信金

東京東信用金庫は、お花茶屋支店と四谷支店において、顧客情報が記載された一部入出金伝票を紛失したと発表した。誤廃棄した可能性があるという。

所在がわからなくなっているのは、預金時などに用いる入出金伝票。お花茶屋支店において2013年2月1日から同年3月14日にかけて扱った3284件と、四谷支店で2014年2月28日に扱った397件のあわせて3681件で、顧客の氏名や住所、電話番号、口座番号、生年月日などが含まれる。

同金庫では、保存期限が経過した不要書類に混入し、誤って廃棄した可能性があると説明。また他店舗における保管状況を確認し、今回判明した2店舗以外で紛失など発生していないことを確認したという。

(Security NEXT - 2016/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む伝票綴りを紛失、誤廃棄か - 鹿児島相互信金
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性
印影など含む伝票綴りを紛失 - 大分銀
マニュアル作成サービスへの不正アクセスを否定 - 操作ミスが原因
顧客情報含むリストが所在不明、巡回時に紛失か - 東京ガス
顧客情報記載の資料を委託先が紛失 - 中部電力
委託先で顧客住所録を含むパソコンが盗難被害 - 上光証券
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
一部メルマガに顧客情報を誤記載 - サンルートホテル