Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアの攻撃受けたユーザー、17%が法人

2016年第1四半期にランサムウェアの攻撃を受けたユーザーは、前四半期から30%増加したとの調査結果をKaspersky Labが取りまとめた。

同四半期に同社が観測したランサムウェアのあらたな亜種は2900件。前四半期比14%増となった。5月の時点で同社データベースに登録済みの亜種は1万5000件を超えたとしている。

観測したランサムウェアの種類を見ると、「TeslaCrypt」が58.4%で最多。「CTB-Locker(23.5%)」「CryptoWall(3.4%)」が続く。いずれもメールの添付ファイルやメールに記載されたリンク経由で拡散していた。

同四半期に同社が把握した攻撃を受けたユーザー数は37万2602件。前四半期から30%増加した。これらのうち17%が、法人だったという。

(Security NEXT - 2016/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり
恥ずかし画像で不安煽る詐欺メール、送信元を情セ大に偽装
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
ESETの法人向けエンドポイント製品に新版 - 「UEFIスキャナー」搭載
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
ランサム被害ファイルの解析作業、復号ツール活用も視野に - 宇陀市立病院
ランサムウェア「GandCrab」に無料の復号ツール - 被害者は推計50万人
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院