Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DMM.com証券の複数アプリに脆弱性 - アップデートで修正

DMM.com証券がAndroid向けに提供している複数のアプリに、中間者攻撃を受けるおそれがある脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同社が提供するアプリ「DMMFX Trade」「DMMFX DEMO Trade」「外為ジャパン FX Trade」に、SSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2016-4818」が存在するという。マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)により、通信内容が盗聴されるおそれがある。

同脆弱性は、リスクファインダーの谷口岳氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。「DMMFX Trade」「DMMFX DEMO Trade」に関しては「同バージョン1.5.1」で脆弱性を解消。「外為ジャパンFX Trade」では「同バージョン1.4.1」で修正した。

(Security NEXT - 2016/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
「Docker」の既知脆弱性にPoC - 影響大きく更新状態の確認を
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性