Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

あのセキュリティKindle本を半額で - アマゾンが期間限定セール

アマゾンジャパンは、6月2日までの期間限定で、Kindle向け電子書籍の特別セールを開催している。セキュリティ関連のタイトルも提供されている。

同社が取り扱う一部Kindle本を、50%オフの特別価格で提供しているもの。対象は、ビジネス書からコンピュータ関連書籍、実用書、趣味までさまざま。セキュリティ関連のタイトルも含まれる。また50%オフにくわえ、さらにポイントが還元されるタイトルもある。

対象タイトルの一部を挙げると、マーケティングのフレームワークなどを駆使して、経営層にセキュリティをわかりやすく説明するワザを伝授する蔵本雄一氏著の「もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら」をはじめ、ウェブセキュリティの研究者である徳丸浩氏の解説書「徳丸浩のWebセキュリティ教室」、Christopher Hadnagy氏の「ソーシャル・エンジニアリング」といった訳書も含まれる。

またセキュリティ競技会「CTF」で必要となるノウハウを解説した「セキュリティコンテストチャレンジブック」、データベースのセキュリティ対策やベストプラクティスを紹介した「Oracleデータベースセキュリティ」のほか、セキュリティ全般の解説書やセキュリティ関連試験のテキストなどもセール対象となっている。

(Security NEXT - 2016/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
「情報セキュリティハンドブック」に公式アプリ - リフローに対応
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
2月は「サイバーセキュリティ月間」 - 新版情報セキュリティハンドブックにアプリも
幻冬舎に不正アクセス、会員情報流出の可能性 - バージョンアップで脆弱性が発生
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
「情報セキュリティハンドブック」、国内27の電子書店で無料配布
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目