Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスター」次期バージョンでランサムウェア対策を強化 - ベータ版を公開

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスタークラウド」の次期バージョンについて、7月31日まで試用できるベータ版を公開した。

同ベータ版は、Windows向けのプログラム。次期バージョンでは、不正プログラムの感染を防ぐ挙動監視機能を強化し、正規プログラムを偽装する挙動を検知する機能を搭載した。同機能は、ランサムウェア対策の面も持つという。

また脆弱性対策機能を強化。脆弱性を悪用する挙動を検知してブロックするほか、攻撃に使われやすい「Adobe Reader」や「Java」のバージョンをチェックし、最新版へのアップデートを促すメッセージをポップアップで表示する機能を搭載した。

同ベータ版は、専用ページからダウンロードできる。6月20日まで利用者からアンケートを募集し、寄せられた意見を今後の製品開発に活かしていく。

(Security NEXT - 2016/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト