Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、ファイルサーバ管理統合ソフトに個人情報検出オプション追加

NECは、ファイルサーバ統合管理ソフト「NIAS(NEC Information Assessment System)」の最新版を販売開始した。

20160531_ne_001.jpg
利用イメージ(図:NEC)

同製品は、ファイルサーバの整理機能にくわえ、アクセス権の設定状況を可視化し、設定不備による情報漏洩などを防ぐソリューション。最新版となる「同v3.3」では、「個人情報検出オプション」を追加した。

同オプションでは、氏名や住所をはじめ、クレジットカード番号、マイナンバーなどの個人情報のほか、特定のキーワードを含むファイルの件数を表示。個人情報を含むファイルのリスト化や隔離にも対応し、隔離したファイルの管理者や所有者を確認できる。

さらに最新版では、ハイブリッドクラウド環境でのファイルサーバ運用に対応した。「NIAS」本体および個人情報検出オプション、いずれも54万円から。同社では、今後1年間で300システムの販売を目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/05/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
ウェブフィルタリング製品に新版、クラウドサービスも- キヤノンMJ
コピー書類のマスキングを支援、複合機用アプリ - リコー
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷