Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「VMware vCenter Server」に反射型XSSの脆弱性

「VMware vCenter Server」の一部バージョンに、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性が含まれていることがわかった。脆弱性に対応したアップデートが提供されている。

「vSphere Web Client」において、Flashパラメーターインジェクション(FPI)による反射型クロスサイトスクリプティングの脆弱性「CVE-2016-2078」が含まれていることが判明したもの。「vCenter Server 6.0」「同5.5」「同5.1」のWindows版が影響を受ける。Linux版は含まれない。

VMwareでは、最新版となる「vCenter Server 6.0 update 2」「同5.5 update 3d」「同5.1 update 3d」の提供を開始している。

(Security NEXT - 2016/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性
全文検索システム「Apache Solr」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃のおそれも
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
「Docker」の既知脆弱性にPoC - 影響大きく更新状態の確認を
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新