Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年1Qのランサムウェア動向、法人の感染被害が前期比2.7倍に

2016年第1四半期にトレンドマイクロへ寄せられたランサムウェアの感染被害報告数は、870件だった。今後、日本を標的とした攻撃がさらに強まるおそれがあり、同社では警戒を強めている。

同社によれば、2015年以降、国内においてランサムウェアの活動が目立っているという。国内でランサムウェアが検出された端末の件数を見ると、同四半期は8300件で、前年同期の900件から9.2倍へと急増。前四半期の3500件と比較しても、2.4倍の規模にあたる。

ランサムウェアの被害報告(グラフ:トレンドマイクロ)
ランサムウェアの被害報告(グラフ:トレンドマイクロ)

被害報告の件数を見ると、2016年第1四半期に法人から前期比2.7倍、前年同期比24.7倍にあたる740件が寄せられた。個人からの被害報告は130件だった。2015年第1四半期の時点では、法人を個人が上回っていたが、翌第2四半期以降は逆転しており、現在、個人は全体の15%以下にとどまっている。

2015年から継続している「TeslaCrypt(Cryptesla)」や、「Locky」などの拡散に用いられたメールの多くは、件名や本文に英語が使われており、日本語を使用したものは、同期にはほとんど見られなかったという。

同社は日本を標的としたランサムウェアによる本格的な攻撃はまだ発生していないとし、今後日本をメインターゲットとした攻撃が発生した場合に被害が拡大するおそれがあるとして警戒を強めている。

(Security NEXT - 2016/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か