Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人番号カードのアプリ搭載に関するセキュリティ基準でパブコメ

総務省は、「個人番号カード」に関する技術的基準の改正に向けてパブリックコメントを実施している。

個人番号カードのICチップに民間事業者のアプリを搭載することが可能であり、確保すべきセキュリティの基準について同案で示したもの。

適切な事務の実施や、個人番号カードの記載事項の安全管理を適切に実施できる事業者に制限。同案では、民間事業者の完全独自のアプリは認めておらず、地方公共団体情報システム機構が所有、あるいは作成する2種類の方式から任意で選択することとした。

またアプリの搭載を行うシステムとアプリ搭載用端末機間の通信における暗号化や、アプリ搭載用端末機のセキュリティ対策、生体認証、操作ログ取得などについて規定した。

同案への意見はメール、郵送、ファックス、電子政府窓口「e-Gov」で受け付ける。募集期限は6月22日必着。

(Security NEXT - 2016/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
埼玉県内6自治体のマイナンバー、違法に再委託
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン
マイナンバー69万件含む国税データ入力を違法に再委託