Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

文科省、AIPプロジェクトの戦略目標を決定 - AIを活用したセキュリティ技術開発など

文部科学省は、「AIPプロジェクト(人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト)」に関する2016年度の戦略目標を決定した。

同プロジェクトは、人工知能技術を中核としてビッグデータやIoT、サイバーセキュリティを統合した研究開発を行う拠点の新設や、研究者の支援推進を目的に2016年度より開始した同省の新事業。2016年度の戦略目標と、具体的な達成目標を決定した。

戦略目標を「急速に高度化・複雑化が進む人工知能基盤技術を用いて多種膨大な情報の利活用を可能とする統合化技術の創出」とし、人工知能技術により膨大な情報を解析、処理、制御できる情報基盤技術の確立を目指すとした。

また具体的な達成目標として3項目を決定。社会や経済に貢献するため、膨大な情報を組みあわせて解析する技術の開発、膨大な情報に基づき状況に応じて最適化されるシステムのための技術の開発、多種多様な要素で構成される複雑なシステムに適用可能なセキュリティ技術の開発に向けた取り組みを進めるとした。

セキュリティ技術の具体的な研究例としては、革新的人工知能技術などを活用した予測型セキュリティ技術のほか、高機能な軽量暗号化アルゴリズム、多種膨大な情報を扱うネットワークシステムなどへ実装できる「セキュリティバイデザイン」、来歴等のエビデンス情報によるデータ信頼性検証技術などを挙げている。

(Security NEXT - 2016/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
【特別企画】IoTで実現する「データ主導社会」、成功のカギは? - 総務省谷脇氏
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
ホンダ、AIのセキュリティ分野で米ボストン大と共同研究 - プライバシーの制御技術なども
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
SECCON 2016、国内外24チームが激突 - 一般参加可能なイベントなど盛りだくさん
「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析
三井住友銀と日本総研、WatsonでFS-ISACの脅威情報を解析