Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤送信による法人会員のメアド流出を公表 - イベント企画会社

イベント企画などを手がける阪神コンテンツリンクは、法人会員向けのイベント案内メールにおいて誤送信が発生し、会員のメールアドレスが流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、大阪のライブハウス「ビルボードライブ大阪」において5月19日14時54分に送信したメール。宛先のアドレスを「宛先」に設定して送ったため、受信者間で宛先の法人会員のアドレス61件が表示された状態となったという。

同社では翌20日、対象となる会員に電話で連絡して謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2016/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ライブイベントの当選メールを誤送信、メアド流出 - 近畿大
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
イベント告知メール誤送信 - 物質・材料研究機構
一斉送信メールにイベント参加者の個人情報 - 愛知県
委託先がイベント中止メールを誤送信 - 桑名市
メール誤送信、発覚おそれて職員が関連メールを削除 - 川崎市
チケットの払込票控えが所在不明 - イベント制作会社
個人情報記載済みの申込書をメールに誤添付 - 鎌倉市