Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、ログオンソフトに生体認証とPWによる二要素認証機能

NECは、二要素認証へ対応した生体認証ログオンソフトウェア「指ハイブリッド認証ログオン」および「NeoFace Monitor」の新版を、5月31日より出荷開始する。

20160523_ne_001.jpg
2要素認証の概要(図:NEC)

いずれもパソコン向けの生体認証ソフトウェア。「指ハイブリッド認証ログオン(二要素認証対応)」では、あらたに指紋と指静脈を使った生体認証と、パスワードによる認証を組みあわせた二要素認証に対応。

また「NeoFace Monitor(二要素認証対応)」は、顔認証とパスワードの二要素認証を実現する。ログオン時にくわえ、ログオン中も一定の間隔で顔認証を行う常時監視機能も搭載。利用者の離席や未登録者の着席を検知すると、画面を自動的にロックできる。

(Security NEXT - 2016/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
2016年度のSaaS型認証管理サービス市場、前年比3割増
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
富士通、FIDO準拠の生体認証サービス - カメラによる生体認証にも対応