Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、ログオンソフトに生体認証とPWによる二要素認証機能

NECは、二要素認証へ対応した生体認証ログオンソフトウェア「指ハイブリッド認証ログオン」および「NeoFace Monitor」の新版を、5月31日より出荷開始する。

20160523_ne_001.jpg
2要素認証の概要(図:NEC)

いずれもパソコン向けの生体認証ソフトウェア。「指ハイブリッド認証ログオン(二要素認証対応)」では、あらたに指紋と指静脈を使った生体認証と、パスワードによる認証を組みあわせた二要素認証に対応。

また「NeoFace Monitor(二要素認証対応)」は、顔認証とパスワードの二要素認証を実現する。ログオン時にくわえ、ログオン中も一定の間隔で顔認証を行う常時監視機能も搭載。利用者の離席や未登録者の着席を検知すると、画面を自動的にロックできる。

(Security NEXT - 2016/05/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム
5秒の自然会話で認証する技術を開発 - NEC
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開
グローバルでは認証で「利便性」より「セキュリティ」を優先
ジェムアルト、指紋認証に対応した決済カード