Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

百五銀行のネットバンキング用アプリに盗聴のおそれ - 最新版へ更新を

百五銀行が提供するオンラインバンキング用スマートフォンアプリに、通信内容が盗聴されるおそれがある脆弱性が含まれていたことがわかった。3月に公開された最新版では解消されているという。

20160518_hb_001.jpg
「百五銀行」Android版アプリ

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、iOSおよびAndroid向けに提供されているアプリ「百五銀行」において、SSLサーバ証明書を正しく検証しない脆弱性「CVE-2016-1210」が含まれていることが明らかになったもの。

マンインザミドル攻撃(MITM攻撃)により、同アプリの通信内容が盗聴されるおそれがある。3月に公開された最新版にあたる「同2.0」は、同脆弱性の影響を受けない。

同脆弱性は、NTTコムセキュリティの東内裕二氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。

(Security NEXT - 2016/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
「Spring」関連で5件の脆弱性 - 3件が「クリティカル」
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
MS、月例パッチで脆弱性67件を解消 - 2件でゼロデイ攻撃が発生
「Adobe Creative Cloud」デスクトップ版に3件の脆弱性
「Spring Data Commons」脆弱性、PoCで悪用容易 - 「Spring Framework」利用者は注意を
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス