Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ガス卸売先で車両盗難、顧客情報など被害 - 東京ガスエネルギー

東京ガスグループの東京ガスエネルギーは、プロパンガスの卸売先において、業務車両とともに顧客情報や制服、社員証などが盗まれたことを明らかにした。

同社の卸売先である二葉商事において、5月14日から翌15日にかけて、千葉県市原市内にある営業所で車両盗難が発生したもの。15日6時ごろ、出社した営業所の所長が被害に気が付き、警察へ届けた。駐車場内に壊れた車両の鍵の部品が落ちており、鍵が壊され、持ち去られたと見られている。

車両には東京ガスエネルギーのブランドロゴが記載されているほか、車両内にも制服と社員証、名刺のほか、顧客情報が記載されたガス設備の安全点検リストや調査票などが入っていた。安全点検リストには、顧客163件の氏名や住所、電話番号、ガスメーター番号などが含まれる。

対象となる顧客には、個別に説明と謝罪を行った。ブランドロゴが入った制服や社員証が盗まれており、同社では従業員になりすました詐欺などへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校生徒の個人情報含むUSBメモリなどが盗難被害 - 大阪府
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院