Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Symantecの検知エンジンに脆弱性 - 修正版を配信

Symantecのマルウェア対策製品が搭載する検知エンジンに、リモートより攻撃可能な脆弱性が含まれていることがわかった。すでに修正版の配信が行われている。

20160517_sy_001.jpg
セキュリティアドバイザリを公表したSymantec

同社のマルウェア対策製品が備えているマルウェア検知エンジン「AVE(Anti-Virus Engine) 20151.1.0.32」に、脆弱性「CVE-2016-2208」が含まれていることが明らかとなったもの。

メール受信時やファイルのダウンロード時など、ファイルの検査を行った際に、細工されたPEヘッダファイルを読み込むと、不正なメモリアクセスによりシステムがクラッシュしてブルースクリーンの状態が発生したり、システムの制御を奪われるおそれがあるという。

Symantecでは、5月16日にLiveUpdateを通じて脆弱性を修正したマルウェア対策エンジン「AVE 20151.1.1.4」をリリース。LiveUpdateを利用しているノートンシリーズやエンタープライズ向け製品に対してすでに配信済みだが、アップデートが適用されているか確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測