Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小学校教諭が家庭訪問で持ち出した学級名簿を紛失 - 大阪市

大阪市は、小学校の教諭が家庭訪問を実施するため持ち出した学級名簿が所在不明になっていることを公表した。

同市教委によれば、5月9日に家庭訪問を実施するにあたり、保護者への連絡用として持ち出した学級名簿を紛失したもの。

訪問途中に連絡で利用。その後、訪問先へ向かったあとに再度名簿を取り出そうとしたところ、なくしていることに気が付いたという。移動経路を捜索したが見つからず、警察へ紛失届を提出した。

名簿には、児童30人の氏名や住所、電話番号、生年月日、保護者氏名、兄弟関係などが記載されていた。規定の手続きを行わず持ち出していたという。

同校では対象となる児童の保護者に対し、報告と謝罪を進めている。

(Security NEXT - 2016/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
高校で生徒情報含む資料紛失、郵送され判明 - 神戸市
教委送付の入学予定者名簿が所在不明に - 豊島区
小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
中学校で模範解答裏面にいじめ関係者の個人情報 - 仙台市
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県