Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

危険地域へのデータ送信を防ぐルータ「SAKOKU」に法人版

プラネックスコミュニケーションズは、リスクが高い地域へのデータ送信をブロックする機能を搭載した法人向けルータ「SAKOKU 500」を5月27日に発売する。価格はオープン。

20160517_pc_001.jpg
SAKOKU 500

同製品は、情報通信研究機構(NICT)の公開情報に基づき、データ送信を制限できる法人向けルータ。「ダークネット」へのトラフィック量が多いランキング上位の国や地域を危険な通信先と想定。それら地域への通信を制限できる。ホワイトリストの設定も可能。

すでに同様のコンセプトで個人向け製品をリリースしているが、あらたに法人向け製品を投入した。50台までの同時接続に対応している。

(Security NEXT - 2016/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
不正アプリ38種がGoogle Playで流通 - 広告目的か
トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
GE Healthcareの複数医療機器に認証回避のおそれ - 米機関が注意喚起
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
「memcached」利用した1.7Tbps規模のDDoS攻撃 - 対策進まなければ大規模攻撃続くおそれ
外部公開された「memcached」は5万台以上 - 踏み台1つで1Gbps弱のトラフィック
「GitHub」に1.35Tbps規模のDDoS攻撃 - 「memcached」によるリフレクション攻撃で
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
「Pulse Secure Linux GUI」に脆弱性 - アップデートがリリース