Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

危険地域へのデータ送信を防ぐルータ「SAKOKU」に法人版

プラネックスコミュニケーションズは、リスクが高い地域へのデータ送信をブロックする機能を搭載した法人向けルータ「SAKOKU 500」を5月27日に発売する。価格はオープン。

20160517_pc_001.jpg
SAKOKU 500

同製品は、情報通信研究機構(NICT)の公開情報に基づき、データ送信を制限できる法人向けルータ。「ダークネット」へのトラフィック量が多いランキング上位の国や地域を危険な通信先と想定。それら地域への通信を制限できる。ホワイトリストの設定も可能。

すでに同様のコンセプトで個人向け製品をリリースしているが、あらたに法人向け製品を投入した。50台までの同時接続に対応している。

(Security NEXT - 2016/05/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

9月後半に多数のDDoS攻撃を観測 - IIJまとめ
8月のDDoS攻撃、前月比1割増 - IIJまとめ
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
マザーボード管理チップに脆弱性「USBAnywhere」が判明 - 影響機器がネット上に5万台弱
7月のDDoS攻撃検知が1.5倍に、約76Gbpsの攻撃も
「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
6月のDDoS攻撃観測、前月の3分の2に
F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
【特別企画】内部に潜伏する未知の脅威への対策 - ある通信キャリアが打った「先手」とは?
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション