Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAJ、端末やDCにおけるデータ抹消の信頼性確保目指して研究会

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、データ抹消の信頼性を高めることを目的とした「データ消去証明推進研究会」を設置した。

同研究会では、PCやスマートデバイスにおけるデータの消去と、それを証明するしくみづくりを目指すもので、技術研究のほか、電子証明書による署名の業界標準のガイドラインの策定、事業化などを目指す。

ハードウェアやソフトウェアベンダー、認証局、サービス事業者が参加。関連事業の参入障壁となる規制に対し、 改正の提言なども行っていくとしている。

廃棄やリユース対象のクライアント端末のほか、データセンターにおける解約、ストレージ機器リプレイス時におけるバックアップを含むデータ消去の署名についても、対象とするという。

(Security NEXT - 2016/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
不正アクセスで認定医情報が流出か - 日本がん治療認定医機構
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
CSAJ、データ適正消去実行証明協議会を設立 - データ消去の基準を策定
高校生徒の写真含むUSBメモリが所在不明に - 大阪府
元社員が経営幹部などの求職者情報を持ち出し - リクルート関連会社
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
防犯カメラ更新時にデータ削除前の機器が盗難被害 - 西鉄ホテルズ
暗号化製品「FinalCode」に新版 - フォルダ単位のファイル操作が可能に
法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら