Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAJ、端末やDCにおけるデータ抹消の信頼性確保目指して研究会

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、データ抹消の信頼性を高めることを目的とした「データ消去証明推進研究会」を設置した。

同研究会では、PCやスマートデバイスにおけるデータの消去と、それを証明するしくみづくりを目指すもので、技術研究のほか、電子証明書による署名の業界標準のガイドラインの策定、事業化などを目指す。

ハードウェアやソフトウェアベンダー、認証局、サービス事業者が参加。関連事業の参入障壁となる規制に対し、 改正の提言なども行っていくとしている。

廃棄やリユース対象のクライアント端末のほか、データセンターにおける解約、ストレージ機器リプレイス時におけるバックアップを含むデータ消去の署名についても、対象とするという。

(Security NEXT - 2016/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
不要個人データ、流出防止のためにも消去を - 個情委が注意喚起
三菱電機、個人情報や機密情報が流出 - ログ消去の妨害も
「Citrix ADC」狙う悪用コード出回る - ゼロデイ攻撃に注意
「個情法改正大綱」でパブコメ実施中 - 逸脱利用を制限
神奈川県HDD問題の情報提供者、復元データを物理破壊
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
リース返却後の内部情報入りHDDがオークションに - 神奈川県
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
IoCによる標的型攻撃対策に限界 - Kasperskyが事例挙げて指摘