Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAJ、端末やDCにおけるデータ抹消の信頼性確保目指して研究会

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、データ抹消の信頼性を高めることを目的とした「データ消去証明推進研究会」を設置した。

同研究会では、PCやスマートデバイスにおけるデータの消去と、それを証明するしくみづくりを目指すもので、技術研究のほか、電子証明書による署名の業界標準のガイドラインの策定、事業化などを目指す。

ハードウェアやソフトウェアベンダー、認証局、サービス事業者が参加。関連事業の参入障壁となる規制に対し、 改正の提言なども行っていくとしている。

廃棄やリユース対象のクライアント端末のほか、データセンターにおける解約、ストレージ機器リプレイス時におけるバックアップを含むデータ消去の署名についても、対象とするという。

(Security NEXT - 2016/05/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
IoCによる標的型攻撃対策に限界 - Kasperskyが事例挙げて指摘
児童の写真を記録したメディアが所在不明 - 鎌倉市
ホビーショップでクレカ情報流出 - 委託先のログ削除で被害範囲特定できず
M2M向けSIMを活用したPCリモート消去ソリューション
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
障害者手帳をファックスで誤送信、操作ミス重なり - 宇治市
「J SPORTS」サイトの不具合、クレカ情報変更を別顧客に反映
医療機器メーカー元従業員が書類送検 - 患者や顧客、技術情報など不正持出
患者の顔画像含むタブレット端末を紛失 - 国立精神・神経医療研究センター