Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティソフトの利用者情報が別人から閲覧可能に

ソースネクストは、同社製品の利用者1人の個人情報が、関係ない別の利用者から一時閲覧できる状態になっていたことを明らかにした。

同社が、セキュリティ対策ソフト「ウイルスセキュリティZERO」の一部購入者に対してサポートサービスを提供するため、情報を登録した際、利用者1人の氏名や住所、電話番号が、別の利用者から閲覧できる状態になったという。

製品登録者最大で221人が、製品の利用開始時に登録が必要なメールアドレスを自分のものではなく、実在しない同一のメールアドレスで登録しており、これらユーザーの登録処理を行った際に不具合が生じたという。

4月13日に別の利用者から指摘があり問題が判明。対象のマイページを閲覧できないよう変更した。5月9日に情報が閲覧された利用者の本人確認を行い、説明と謝罪を行ったという。

(Security NEXT - 2016/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
会員の個人情報がネット上で閲覧可能に - 輸入家電販売サイト
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
一部商品購入者の個人情報が閲覧可能に - テニス関連サイト
一部サービスでパスワードの正誤関係なく認証可能に - NTTPC
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市