Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIと東工大、サイバーセキュリティの技術研究や人材育成で連携

東京工業大学と野村総合研究所は、サイバー攻撃に対する防御技術の研究と、サイバーセキュリティの人材育成で協定を締結した。

今回の協定に基づき、技術研究と人材育成の面から連携。2018年まで今後2年間にわたって取り組みを展開する。

具体的には、サイバーセキュリティ分野において攻撃手法の解析を行い、防御のためのツールや技法、実用化の手法などに関する技術的研究を共同で進める。

また楽天やNTT、産業技術総合研究所の協力を得て、同大学情報理工学院に「サイバーセキュリティ特別専門学修プログラム」を開設。NRIが講師を派遣する。

(Security NEXT - 2016/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大