Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハードウェアのセキュリティを基礎から学べるセミナー - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、ハードウェアに関するセキュリティについて基礎から紹介するセミナーを開催する。

「ハードウェアセキュリティセミナー」の「導入コース」および「技術コース 入門編」を都内にて開催するもの。

「導入コース」は、ハードウェアセキュリティとは何かを知りたい開発者や技術営業を対象としており、ハードウェアのしくみや、ハードウェアに対する脅威、攻撃への対抗策などを説明する。

また「技術コース 入門編」では、ハードウェアセキュリティに興味がある組み込み機器の開発者を対象に、基本的な暗号アルゴリズムやハードウェアセキュリティ理論、実際の攻撃に関する説明、およびIPAの取り組みの紹介などを行う。

導入コースは5月24日に開催で参加費用は1000円。申込締切は同月23日。技術コース入門編は6月7日に開催する予定で、参加費用は2000円。締切は同月6日。

いずれも会場は同機構の13階会議室で、募集人数は各70人。定員になり次第、受付終了となる。詳細は同機構のサイトから。

(Security NEXT - 2016/05/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
若手研究者の育成プログラム「SecHack365」、4月2日より応募受付を開始
米Norwich大の演習プラットフォーム活用した演習サービス - アライドテレシス