Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5支店で顧客情報記載の書類紛失が判明 - 富士宮信金

富士宮信用金庫は、5支店において、顧客情報が記載された最大4450件の書類が所在不明となっていると発表した。

同金庫の神田支店、富士根支店、松岡支店、万野支店、上井出支店においてあわせて4450件の紛失があらたに判明したもの。2014年12月に顧客情報の紛失が明らかとなり、全店調査を実施したところ、判明したという。

所在がわからなくなっているのは、例外取引日報や保証意思確認書類関係、届出事項変更届など5種類の帳票。記載されている内容は書類によって異なるが、顧客の氏名や住所、電話番号にくわえ、口座番号、取引金額、印影、運転免許証番号などが含まれる。

不正利用などは確認されておらず、同金庫では、保管期限を過ぎた書類などとともに廃棄した可能性があるという。

(Security NEXT - 2016/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
高校教諭が成績情報など含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管