Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5支店で顧客情報記載の書類紛失が判明 - 富士宮信金

富士宮信用金庫は、5支店において、顧客情報が記載された最大4450件の書類が所在不明となっていると発表した。

同金庫の神田支店、富士根支店、松岡支店、万野支店、上井出支店においてあわせて4450件の紛失があらたに判明したもの。2014年12月に顧客情報の紛失が明らかとなり、全店調査を実施したところ、判明したという。

所在がわからなくなっているのは、例外取引日報や保証意思確認書類関係、届出事項変更届など5種類の帳票。記載されている内容は書類によって異なるが、顧客の氏名や住所、電話番号にくわえ、口座番号、取引金額、印影、運転免許証番号などが含まれる。

不正利用などは確認されておらず、同金庫では、保管期限を過ぎた書類などとともに廃棄した可能性があるという。

(Security NEXT - 2016/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
個人情報含むUSBメモリを出張先で紛失 - 金沢大
顧客情報含む定期預金期日管理表を紛失 - 三重銀
2支店で顧客情報記載の伝票綴りを紛失 - 京都中央信金
授業料補助金申請書類を宅配業者が紛失 - 近大付属高校
成人の日対象者の個人情報を委託先が紛失 - 大阪市
受講生の個人情報を置き忘れて紛失 - バスケットボール教室
高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院