Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の健康診断受診票が一時所在不明に - 北海道教育大

北海道教育大学において、学生の健康診断受診票が一時所在不明となっていたことがわかった。2週間後に学内で発見、回収されたという。

委託先の北海道対がん協会が4月6日に実施した学生健康診断において、15人分の受診票を一時紛失したもの。受診票には氏名や性別、生年月日のほか、健康診断の結果などが記載されている。

同大学では委託業者からの報告を受けて明らかとなり、委託事業者が4月8日に同大内を捜索。その際に発見できなかったが、20日に学内において教員が発見、回収したという。

問題の受診票は、回収場所から120メートルほど離れた渡り廊下の脇に設置された棚の上に、廃棄用段ボール箱のふたに挟まるような形で見つかったという。

個人情報が不正に利用されるなど被害は確認されていない。同大学では、対象となる学生とその保護者に説明を行うとしている。

(Security NEXT - 2016/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
防災対策要請メールを誤送信、診療所のメアド流出 - 山口県
公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
健康保険関連の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 蒲郡市
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
個人情報含むPCが所在不明、誤って廃棄業者に引き渡しか - 角田市
健康情報メール誤送信で事業所のメアド流出 - 香川県
小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市
がん検診結果など含むUSBメモリが委託先で所在不明 - 尼崎市
個人情報含む病原体の検査成績通知書が所在不明に - 大阪府