Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生の健康診断受診票が一時所在不明に - 北海道教育大

北海道教育大学において、学生の健康診断受診票が一時所在不明となっていたことがわかった。2週間後に学内で発見、回収されたという。

委託先の北海道対がん協会が4月6日に実施した学生健康診断において、15人分の受診票を一時紛失したもの。受診票には氏名や性別、生年月日のほか、健康診断の結果などが記載されている。

同大学では委託業者からの報告を受けて明らかとなり、委託事業者が4月8日に同大内を捜索。その際に発見できなかったが、20日に学内において教員が発見、回収したという。

問題の受診票は、回収場所から120メートルほど離れた渡り廊下の脇に設置された棚の上に、廃棄用段ボール箱のふたに挟まるような形で見つかったという。

個人情報が不正に利用されるなど被害は確認されていない。同大学では、対象となる学生とその保護者に説明を行うとしている。

(Security NEXT - 2016/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

森永乳業の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
複数の教委公開文書で個人情報の墨塗り処理にミス - 大阪市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
市健診サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 尼崎市
東京海上日動子会社の代理店に不正アクセス - メールボックス内の個人情報などが流出
被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - HB-101ネットショップ