Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米国でも災害便乗のサイバー攻撃に警戒強まる - 日本やエクアドルでの地震発生受けて

日本とエクアドルで大規模な地震が発生したことを受け、米連邦取引委員会(FTC)では、これら自然災害に便乗した悪意あるメールへ警戒するよう呼びかけた。

日本では4月14日以降、九州地方において「熊本地震」が発生。南米のエクアドルでもマグニチュード7.8の地震が同月17日に発生しており、これら災害に便乗したサイバー攻撃への警戒が米国にも広がっている。

自然災害に関連した慈善活動と見せかけたメールにより、本文に記載したリンクや添付ファイルを通じて、個人情報を詐取するフィッシングを行ったり、マルウェアへ感染させるおそれがある。

実際に東日本大震災が発生した際は、詐欺のほか、巧妙な標的型攻撃も発生。未知の脆弱性を用いたゼロデイ攻撃もあり、国内で感染被害が確認されている

(Security NEXT - 2016/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

注目事件へ便乗するマルウェアメールに注意を - 「WannaCrypt」騒ぎにも便乗か
危機管理ソリューション市場、2021年度には1兆円超に拡大
5人に1人、個人情報漏洩が不安 - 前年度から大きく改善
消防団で要援護者名簿が所在不明 - 熊本市
熊本地震の便乗メールに注意 - ワンクリック詐欺など発生
【熊本地震】募金装う振り込め詐欺に注意 - 「親類全体で義援金送る」と騙す手口も
災害の支援活動を行う「IT DART」が九州へ隊員を派遣
【熊本地震】IPA、熊本県内における情報処理技術者試験を中止に
【熊本地震】IPA、九州地域での情報処理技術者試験について対応検討
【熊本地震】IPA、沖縄除く九州地区で2016年春期の情報処理技術者試験が中止に