Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

理研、「革新知能総合研究センター」を設立

理化学研究所は、あらたな研究開発の拠点として「革新知能統合研究センター」を新設した。

同センターは、人工知能やビッグデータ、IoT、サイバーセキュリティなどを扱う文部科学省の総合プロジェクト「AIP(Advanced Integrated Intelligence Platform)プロジェクト」の実施を担う研究開発地点として設立したもの。

センター長には東京大学大学院教授の杉山将氏、特別顧問に米国カーネギーメロン大学教授の金出武雄氏が就任する。具体的な研究テーマや研究体制、実施計画などの詳細については現在検討を進めている。

同センターでは、人工知能の基盤技術について研究開発を進めるとともに、生物科学などサイエンスへの適用や、高齢化などの課題解決に向けた技術開発などに取り組む。またビッグデータやIoTの活用や基盤を脅威から守るセキュリティ技術の研究、サイバーセキュリティの人材育成などを視野に入れている。

(Security NEXT - 2016/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
【特別企画】IoTで実現する「データ主導社会」、成功のカギは? - 総務省谷脇氏
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
ホンダ、AIのセキュリティ分野で米ボストン大と共同研究 - プライバシーの制御技術なども
分散エージェントの並列化で成長 - ウェブ攻撃対策ソフトの開発プロジェクト「WarpDrive」が始動
SECCON 2016、国内外24チームが激突 - 一般参加可能なイベントなど盛りだくさん
「記者会見」の印象をAIで解析する産学連携プロジェクト - 謝罪会見など分析
三井住友銀と日本総研、WatsonでFS-ISACの脅威情報を解析