Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アドバンスデザイン、フォレンジック向けデータ取得ツール

アドバンスデザインは、データ取得製品「CyberCopier」と「Atola Insight Forensic」を発表した。

「CyberCopier」は、ハードディスクなどからデータを取得し、保全するハードウェア製品。対象のパソコンからハードディスクやSSDを取り出すことなく、USB経由で内部のデータを取得できるとしており、効率良くデータを取得できるよう「分散コピー機能」「櫛状コピー機能」を搭載したという。

また物理障害が発生しているハードディスクやSSDからデータを取得する「Atola Insight Forensic」をリリースした。ハードディスクの診断、検査機能、ハッシュ値計算、ファームウェア修復機能、データ消去機能などを提供する。

(Security NEXT - 2016/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

捜査機関向けAndroid調査ツールに新版 - LINEのトーク取得に対応
「証拠保全ガイドライン第7版」を公開 - IDF
「情報セキュリティサービス基準」の適合サービスリストを公開 - IPA
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集