Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、サイバー犯罪の調査解析技術を埼玉県警に提供

UBICは、埼玉県警察に対し、サイバー犯罪対策などで活用する調査解析技術の研修を提供する。

同社では、デジタルデータなどの調査解析が捜査における高度調査解析技術を2015年より神奈川県警察へ提供しており、埼玉県警察で2例目。

具体的には、同県サイバー犯罪対策課に人工知能などを含む最新技術の活用や調査解析対象となるデータの取り扱い、管理、報告などのカリキュラムを提供。また同課職員が、UBICのフォレンジック調査士の認定資格となる「UCE(UBIC Certified Examiner)」の取得を目指すという。

(Security NEXT - 2016/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出