Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、サイバー犯罪の調査解析技術を埼玉県警に提供

UBICは、埼玉県警察に対し、サイバー犯罪対策などで活用する調査解析技術の研修を提供する。

同社では、デジタルデータなどの調査解析が捜査における高度調査解析技術を2015年より神奈川県警察へ提供しており、埼玉県警察で2例目。

具体的には、同県サイバー犯罪対策課に人工知能などを含む最新技術の活用や調査解析対象となるデータの取り扱い、管理、報告などのカリキュラムを提供。また同課職員が、UBICのフォレンジック調査士の認定資格となる「UCE(UBIC Certified Examiner)」の取得を目指すという。

(Security NEXT - 2016/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

5358番ポートへのアクセスが増加、「Mirai」と異なるIoTボットネットか
契約者の個人情報含む携帯端末を紛失 - NHK
段ボール箱開き個人情報含む書類がトラックから飛散 - 岩国市
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる
IIJ、セキュリティ技術向上で兵庫県警を支援
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 守山市
動画料金を請求する偽DMMのSMSに注意 - プリカ番号要求詐欺
「MongoDB」の探索行為、国内でも増加を観測 - 「ビッグデータ」が標的に