Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、サイバー犯罪の調査解析技術を埼玉県警に提供

UBICは、埼玉県警察に対し、サイバー犯罪対策などで活用する調査解析技術の研修を提供する。

同社では、デジタルデータなどの調査解析が捜査における高度調査解析技術を2015年より神奈川県警察へ提供しており、埼玉県警察で2例目。

具体的には、同県サイバー犯罪対策課に人工知能などを含む最新技術の活用や調査解析対象となるデータの取り扱い、管理、報告などのカリキュラムを提供。また同課職員が、UBICのフォレンジック調査士の認定資格となる「UCE(UBIC Certified Examiner)」の取得を目指すという。

(Security NEXT - 2016/04/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
「Drupal」脆弱性、国内で1日あたり数万件規模のアクセス - 70カ国以上から
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市