Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NII、「サイバーセキュリティー研究開発センター」を設置 - 安全な研究環境の確保目指す

国立情報学研究所(NII)は、研究施設「サイバーセキュリティー研究開発センター」を設置した。

「サイバーセキュリティー研究開発センター」は、サイバー空間における学術研究機関の安全な研究環境の確保と運営効率化などを目指して設置したもの。初代センター長には、NIIアーキテクチャ科学研究系教授の高倉弘喜氏が就任した。

同センターでは国内外の研究機関と連携しつつ研究開発を推進。また大学と連携した人材育成にも取り組み、成果を幅広く公開していきたいとしている。

(Security NEXT - 2016/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に