Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NII、「サイバーセキュリティー研究開発センター」を設置 - 安全な研究環境の確保目指す

国立情報学研究所(NII)は、研究施設「サイバーセキュリティー研究開発センター」を設置した。

「サイバーセキュリティー研究開発センター」は、サイバー空間における学術研究機関の安全な研究環境の確保と運営効率化などを目指して設置したもの。初代センター長には、NIIアーキテクチャ科学研究系教授の高倉弘喜氏が就任した。

同センターでは国内外の研究機関と連携しつつ研究開発を推進。また大学と連携した人材育成にも取り組み、成果を幅広く公開していきたいとしている。

(Security NEXT - 2016/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
「SharePoint」脆弱性を狙う攻撃に注意 - 「China Chopper」を展開
「Oracle WebLogic」に脆弱性、攻撃が発生中 - 早急に更新を
設定ミスにより危険な状態の「SAP」が多数存在 - 攻撃ツールが流通
サイバー防衛テーマのシンポジウムが熱海で開催
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
研究者が最新版IEの脆弱性を指摘 - 修正予定なく、実証コードが公開へ