Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NII、「サイバーセキュリティー研究開発センター」を設置 - 安全な研究環境の確保目指す

国立情報学研究所(NII)は、研究施設「サイバーセキュリティー研究開発センター」を設置した。

「サイバーセキュリティー研究開発センター」は、サイバー空間における学術研究機関の安全な研究環境の確保と運営効率化などを目指して設置したもの。初代センター長には、NIIアーキテクチャ科学研究系教授の高倉弘喜氏が就任した。

同センターでは国内外の研究機関と連携しつつ研究開発を推進。また大学と連携した人材育成にも取り組み、成果を幅広く公開していきたいとしている。

(Security NEXT - 2016/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
オンライン実施のCODE BLUE、参加費無料に - 講演募集も開始
偽情報対策でフォーラム設置 - 産学官民連携目指す
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
IoT機器で広く採用されている「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
メール送信ミスで研究協力者のメアド流出 - 東大
進むスマホのセキュ対策 - ただしOS更新率などは低調
OSSのシステム監視ツール「Pandora FMS」に深刻な脆弱性
損保ジャパンとCSC、攻撃検知データ活用で共同研究